鮨處Wasabi トップ画像

 

オシャレな隠れ家的お寿司屋さんです。カウンターに個室もあります●

価格 夜のコース10,000円と12,000円●

営業時間11:00~14:00 16:00~23:00(火曜日定休日)

場所 近鉄奈良駅近くやすらぎの道から少し西に入ったところ


 

鮨處Wasabi☆隠れ家的お寿司屋さん。近鉄奈良駅近くで絶品お寿司が頂けます

 

日本人に生まれてよかったと思える瞬間。

やっぱりお寿司を食べる時がそれですよね。今回は久しぶりに回らない方のお寿司屋さんに行ってきました。

 

夕方6時くらいに予約の電話を入れると、忙しいのか電話は繋がりません。しょうがないねと次の候補を考えてた所、すぐに折返しの電話が掛かってきて、その丁寧さにびっくり。

カウンターはいっぱいで個室なら空いているとの事。

全然構いません。

個室はコースしか選べませんとの事。

まったく問題ありません。

ひゃっはー楽しみだぜ!。お店はこちら。

 

古民家を改装したおしゃれな外観です

鮨處Wasabi 外観

やすらぎの道から少し西に入った細い路地にあるお店「鮨處wasabi」さんです。

隣にはおしゃれなバル「町家Kitchen nero」さんもあり、隠れ家ならぬ隠れエリアな雰囲気です。

古民家を改装された素敵なお寿司屋さん。外からはお店の中は見えない高級感がドキドキします!

 

鮨處わさび 入り口

入るとまずは小道がお出迎え。

左を向くとガラス越しにはカウンターが見え、女将さん、女将さんと呼ぶのかな?店長さんがニコリと挨拶して下さり、ドキドキから安心感に。

やっぱり高級感あるお店は緊張するのね。

 

店への扉をくぐり、予約してたナララクですと伝えます。

可愛いスタッフさんが奥の個室へと案内して下さいました。

 

鮨處Wasabi わさびの絵

通路には素敵なワサビの絵画。

 

鮨處Wasabi 個室鮨處Wasabi 個室内観

扉を開けると立派な個室です。座敷を想像してたのですが、和モダンなお部屋でした。

こんな立派な部屋を2人で使わせてもらって恐縮であります。

 

扉を閉めるとめっちゃ静か。この雰囲気でビッグビジネスな商談とか始まるとそれっぽいですが、話のネタは追っかけてるバンドの話。

 

一万円の夜のコースをいただきました

しらすの小鉢

鮨處Wasabi しらす

まずは一品目のシラスの小鉢。

めちゃめちゃお上品な味付けでございます。めちゃめちゃ日本酒が飲みたくなるでございます。

 

お酢たっぷりなのはよくありますが、こちらはふわっと味付けされた上品さで思わずお箸も綺麗な持ち方になっちゃう。

細かい事だけど、割り箸もめちゃ手触りが良かったです。流石!

 

ワタリガニの小鉢

鮨處Wasabi わたりがに

続きましてはこちらワタリガニです。

お酢に付けて頂きます。添えられてるのは内子かな?内子はカニの卵巣ですね。

さっぱりした身と濃厚な内子のコラボは思わず唸る美味しさ。

 

きゅうりと、これはヘチマ??食べるとコリッコリッと静かな室内に小気味の良い音が響いて楽しいです。

ガッついてすぐ食べてしまいました。もっと堪能しろよ、俺!

 

焼き白子

鮨處Wasabi しらこ

お次は焼き白子です。白子久し振りすぎて興奮してしまう。

お箸で割るとトロリと純白の白子が溢れます。

 

そっとお箸の先に付けてパクリ。口に入ったお箸もしゃぶりたくて出せない。

カボスを絞る、箸の先に付ける、しゃぶるの永久機関のスタートです。

幸せや、幸せですよ。

 

カツオの刺し身

鮨處Wasabi かつお

続きましてはカツオです。

ネギとカラシと大葉とカツオ。王道かもですが、王道には訳がある。そう唸らざるを得ないです。

 

美味い!

完璧や、完璧すぎる4ピースの組み合わせ。刺身界のビートルズ。今時の例えが浮かばない。

 

けんさき、まぐろ、鯛のお寿司

鮨處Wasabi 剣先 まぐろ 鯛

さー!とうとうお寿司がやって来ましたよ!

まずはけんさき、まぐろ、鯛です。

 

頂きます!

美味い!心の秤谷小平治がスタンディングオベーション。

まずはやっぱりネタの新鮮さ溢れる食感に感動しますよね。

肉厚で食べ応えのある魚が力強いおいしさ。

 

シャリはふっくらふわふわで、何となくですが女性の方が握ったのがわかる、優しさ溢れるお寿司です。

そのシャリは主役の魚を引き立てる脇役なのですが、演技力で思わずスポットが当たる北島マヤのように最後は全部持っていく美味しさなのです。

 

甘エビ、きす、貝柱のお寿司

鮨處Wasabi 甘エビ きす 貝柱

お次は一皿目よりも主張の強い面々が集まりました。やっぱり順番にもベストの美味しさがあるんでしょうねー。

まずは甘エビ。甘エビって名前付けた人天才やな、って思うくらい甘い甘エビ。

とろける甘さがたまりません。

 

次はきす。昆布でしめてあると思うのですが、さっぱりとした味わいと身の柔らかさは甘エビとの相性も抜群です。

 

貝柱は大好きな寿司ネタのひとつ。上がりまくった期待のハードルを悠々と超えてくる美味しさ。

コリコリの食感とふんわりご飯のベストマッチはこいつで決まり!

 

あじ、中トロ、ウニのお寿司

鮨處Wasabi うに 中トロ あじ

お次は本日の主役を張れる面々です。

まずは、あじ。あじの旬は初夏です。

旬の味は脂がプリップリにのってて最高ですね。脂がとろける!

 

お次はやってきました、王者中トロ。

一口頬張ると広がる濃厚な甘みと旨みがたまりません…!

一緒に行った人が食べる瞬間も見てしまうのね。どんな顔するかワクワクするのね。ドキュメンタリーなのね。

 

そしてウニ。大好きなウニ。中トロにたたみ掛けるぜ。

海苔の磯の香りとウニの香りが鼻から抜けるとまさに夢心地。

 

鮎、えび、コハダのお寿司

鮨處Wasabi こはだ えび 鮎

最後のお皿はこちら。最後はクセがすごいんじゃな面々です。

まずは鮎。こちらも旬の魚ですね。

鮎は臭みの強い魚って思ってたんですが、びっくりの美味しさ。どんな下ごしらえされてるのかな?

 

そしてエビ。海老ってお寿司の中でも唯一無二といいますか、エビなのよね。

こゆい両サイドに挟まれながらも、しっかりと自己主張してきます。

 

最後はコハダ。こはだってカウンターに座って自分で注文だとまずしなかったです。

これがまた大発見の美味しさでした。なんなら今日一番の美味しさだったかも。

きっちり感動のフィナーレでフィニッシュです。

 

ここまでで一人10,000円のコースでした。

是非大切な人とのお食事にも利用してくださいな。

 

 

バナーつい2

でた

↑奈良町(ならまち)のお店の情報をまとめてます

カフェや雑貨屋の営業時間や場所をまとめています


店名 鮨處WASABI

住所 奈良県奈良市林小路町39

番号 0742-24-3900

公式

 

関連記事

駅チカのお店を集めて紹介しています。便利なんでチェックしてくださいね。

トップページへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村